Avec France Gall  ギャル祭 gall.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

フランス・ギャルと一緒に


by gall gall
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


カバー 191「Évidemment」






ひさびさに「Évidemment」のナイスなカバーです。
歌っているのは、フランスの10歳の少女、Lilirose Barbeyちゃんです。
よほどこの楽曲が好きなのでしょか、二つのステージで歌を披露しています。10歳とは思えない大人びた声と表情で、この楽曲を見事に歌いこなしています。
ふだんはこんなにあどけない感じみたいですよ。

e0122809_22172878.jpg





[PR]
by gall_gall | 2018-07-28 22:20 | ギャルカバー | Trackback | Comments(0)

e0122809_08131408.jpg



e0122809_08132257.jpg

70年代前半のギャルにそっくり!
彼女は米国の女優ミシェル・ファイファー、写真はアル・パチーノ主演『スカーフェイス』出演時のものです。
ブロンドの髪型、顔のつくりも似てますが、表情もそっくり。
これはギャル似史上最高のギャル似かも。
ミシェル・ファイファーはドイツ、オランダ、スウェーデンの血を引き(なるほど欧州系のハイブリッドですね)、高校卒業後、スーパーマーケットのレジ係として働きながら(男性客が長蛇の列をつくったはず)、ミス・オレンジ・カウンティー・コンテストに出場して優勝して、ハリウッドデビューとなったそうです。

e0122809_08131938.jpg


このミシェル・ファイファーも、80年代前半のロック路線に走ったギャルの顔つきにそっくりですね。
彼女の映画をまとめて観らねば。


[PR]
by gall_gall | 2018-07-19 09:04 | ギャル似 | Trackback | Comments(2)

ギャル写 69


e0122809_16191385.jpg


FIFA ワールドカップ2018も残すところ、あと2試合。
今回もずいぶん叫んでしまいました。
サッカーはほんと興奮度がケタはずれにすごいですねー。
でも、いよいよ終わりなんですね、「ほんとのことを知りたいだけなのに夏休みはもう終わり」という感じで、すでにW杯ロスになりかけています。

トーナメント戦は、えてして決勝戦よりも準決勝戦の方がおもしろかったりするものですが、
さて、今夜の3位決定戦は、イングランド対ベルギー。
セットプレーからの得点が得意なイングランド、アザール&ルカクによるカウンター攻撃のベルギー、すっごくおもしろい試合になりそうです。
そして明日深夜、フランス対クロアチアの決勝戦です。
フランスは98年以来5大会ぶりの2回目の優勝を、クロアチアは初優勝を目指しています。
フランスはムバッペ、グリーズマン、カンテ、ヴァランと攻守ともにトップレベルのタレントぞろいで、大会前から優勝候補の筆頭に目されていました
対するクロアチアは、モドリッチ、ラキティッチの中盤が流れやリズムをつくり、マンジュキッチやペリシッチが得点に絡んでくるゲーム展開ですが、その超人的なタフさと粘りでここまで勝ち残ってきました。

W杯トロフィーを手にするのは、さて、どちらでしょうね。
フランスは先制点を入れて常に優勢に展開するでしょうね。でも、クロアチアがこれまでのように、いや、それ以上のタフさと粘りを出すことができれば、同点に追いつき続けて延長戦にもつれこませて、フランスを苦しめることができるでしょう。とにかく、クロアチアの死闘ぶりがこの決勝戦の興奮度のカギとなるはずです。

ギャルのこの横飛びキャッチング、なかなかさまになっています、しかも、可愛いときてる(笑)。
グローブを着用していないのは、60年代はそれがプロでも普通だったからで、今のようにグローブをつけるのようになったのは、70年代になってからなんだそうです。

*附記*今年5月にアンドレス・イニエスタがヴィッセル神戸に、そして先日フェルナンド・トーレスがサガン鳥栖に加入しました。両スペイン代表がJリーグで対戦することになるのですが、地元サポーターは嬉しすぎて死ぬんじゃなかろうか。


[PR]
by gall_gall | 2018-07-14 17:47 | ギャル写 | Trackback | Comments(2)

ギャルジャケ 5


e0122809_22373634.jpg

超レアなスペインのレーベル Movieplayからリリースされた「Les Annees Folles / La Manille Et La Revolution」のシングル盤です。
La Manille Et La Revolution」好きのわたしとしては、すごく気になる一枚です。
ジャケットのギャル、珍しく全身のフルショットです。
しかも、逆座りで足を投げ出しているせいで、リラックスしたゆるい感じになっていているのが可愛いです。
左手首の時計が気になったので、拡大してチェックしたところ、カルティエのタンクアメリカンみたいです。
わたしはいまタンクソロを着けていますが、着けているのを忘れてしまうほど手首に馴染みますねー。


[PR]
by gall_gall | 2018-07-09 23:23 | ギャルジャケ | Trackback | Comments(2)


アレンジも映像も素晴らしいです!
プロフェッショナルの仕事ですね。
音楽を担当しているのは、ØCTAV(オクターブ)というパリで活躍している男女ペアのミュージシャンです。
女性ボーカルによるエレクトロ・ポップは、この楽曲のキュートさにぴったりですね。
映像の女性の青と白の大胆な衣装が、青い海と青空と白い雲と鮮やかにかさなり、目の前にいるかのようです。

e0122809_00082560.jpg


[PR]
by gall_gall | 2018-07-03 00:08 | ギャルカバー | Trackback | Comments(0)