人気ブログランキング |

Avec France Gall  ギャル祭 gall.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

フランス・ギャルと一緒に


by gall gall
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2018年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧



ギャルの69年〜73年を私は「不遇時代」と呼んでいます。不遇には「良質でありながらもめぐりあわせが悪くて世間に認められないこと」という意味があるからです。その時期にリリースされた音源の一部はアルバム化されていますが、すべてを網羅したアルバム化はまだです。更にCD化もまだです。

これが以前ならアナログのシングル、EP、LPを探し求めて聴くしかありませんでしたが、いまはYoutubeからクリックするだけで簡単に聴けたり、ダウンロードすることができるのだから、神やホトケの力を借りなくても良い時代になってしまったのです(笑)

さて、ギャルはデビューからアイドル時代まではすべてPhilipsというレーベルから、ドイツ時代はすべてDeccaというレーベルから音源をリリースしています。

その後、人気が低迷し売れ行きが悪化し、事実上の活動停止や引退を考えるほど追い込まれる中でのジタバタだったのでしょうか、不遇時代では6つのレーベルをまたがってのリリースとなっています。となれば、この時期の音源をベスト盤やコンピレーション盤としてまとめようとすると、煩雑な原盤権の問題が発生するでしょうね。ですから、ギャルがそれを拒んでいたわけではなく、このことが障害だったのでしょう。

ギャル考19でLa Compagnieレーベルの音源をまとめた「Ses Grands Succès」を紹介しましたが、よく調べてみたら、漏れているのは「ZoZoi」だけではありませんでした。そこで不遇時代にリリースされたシングル&EPをレーベルごとにまとめてみようと思います。

では、その初回は質と量で誇るLa Compagnie(69〜71年)です。

e0122809_22163699.jpg

1969「Homme Tout Petit」


1969「Les Gens Bien Eleves」



1969「Baci, Baci, Baci」



1969「La Torpedo Bleue」



1969「La Manille Et La Révolution 」



1969「Il Mio Amore E Una Ruota」



1969「Les Années Folles」



1969「Soleil Au Cœur」



1969「Les quatre éléments」



1970「Les Elephants」



1970「Shakespeare Et Pire Encore」



1970「ZoZoi 」



1970「Merry Merry O!」



1970「Bugie Da Elefanti」



1970「Op! Op! Opla!」



1970「Come Fantomas」



1971「Mon Aeroplane」



1971「L’amour Boiteux」


以上の18曲です。CDだと1枚で収まりますが、LPだと2枚組でリリースということになったでしょうね。

   



by gall_gall | 2018-02-19 23:14 | ギャル考 | Comments(2)

生歌 7 「Jazz à gogo」




うわー、奇跡だー! 1966年のベルギーツアーのライブ映像です!
ドラムソロのあとにギャルが現れて、スキャットを披露!
そしてエンディングに向けてグイグイ歌いこんでいきます。
かっこいいですねー! こんなアイドル、他にいますか? いまなら椎名林檎ですか?
まだ1966年ですよ、ビートルズが武道館で「ペ〜パバッ〜ク・ゥラ〜イタ〜」などと間延びしたロックをやっていた頃ですからねー。
ギャルのレア映像の元締めClaude1943さんによるお宝開陳に感謝ですが、寸止めではなく、ぜひフルバージョンで、ぜひライブ全編をお願いしたいものです。


by gall_gall | 2018-02-16 17:54 | ギャルの生歌 | Comments(1)



フランスの歌手ソフィー・ティスによるカバーです。
この楽曲は素人によるギターの弾き語りカバーが多いのですが、これは珍しくプロによってしっかり独自に作りこまれたものです。
要所要所をマイナーセブンスの和音に変えてのアレンジ、木琴の効果的な音色、浮遊感あふれる音響、そして、けだるくもクールなハスキーボイスなど、やはりプロの仕事ですね。
映像もまた抜かりなく作られています。

e0122809_08064758.png

by gall_gall | 2018-02-11 08:09 | ギャルカバー | Comments(0)


ピアノ伴奏による「アニーとボンボン」のカバーは初めてですね。
なるほど、ゲンズブールによるこの楽曲は、民謡のように耳に残る旋律なんですね。
ギャルの節回しとはちょっとちがうところがまた乙ですね。
演奏終了直後の数秒の間がなんとも19世紀のフランス人っぽいです(笑)


by gall_gall | 2018-02-08 19:44 | ギャルカバー | Comments(0)

先日の「けんかの前に」の初出動画がアップされたときに、封印音源や動画が日の目を見ることになるかもという不謹慎なことを言いましたが、ついに真打ちがYoutubeにアップされましたよ!
ギャル自身がCD化を拒んでいるのかもしれないという噂もあった「La Compagnie」時代のアルバム「Ses Grands Succès」の全曲(つまりfull album)です!






まず、1969年に「La Compagnie」レーベルから「France Gall」というアルバムがリリースされました。

e0122809_00201044.jpg

そして、このアルバムをもとに「Musidisc」レーベルが手を加えて「Ses Grands Succès」というタイトルでリリースしました。
イタリア語で歌った「La Ruotta」と「Matrimonio D’amore」の2曲を外し、「Shakespeare Et Pire Encore」「Les Éléphants」「Merry Merry O! 」の3曲を加えたのです。

e0122809_00442941.jpg

じつに賢明な編集だと思います。でも惜しむらくは「La Compagnie」を代表する「ZoZoi」が収録されていないこと。これがあれば「Ses Grands Succès」は「La Compagnie」時代のレア音源をすべて網羅できたのにね。
ちなみに、「Musidisc」レーベルは「France Gall」というタイトルで、「Bel Air」レーベルは「Les Années Folles」というタイトルで、収録曲は同じままジャケットだけを変えて、プラス3種類をリリースしているので、ややこしいです。



by gall_gall | 2018-02-05 00:58 | ギャル考 | Comments(2)


「アニーとボンボン」のカバーには、時折このようなタイプが出現します。
まぁ、オリジナルがああいった歌詞なだけに、触発されるのもむべなるかなです。
このコスチュームが棒つきキャンディーに見えることはありませんねー。
妙な愛嬌もあるんですが、しっかりバカバカしいです。
そのバカバカしさはオバサンらの笑い声によって、強烈な下品さがコーティングされています。


by gall_gall | 2018-02-03 17:49 | ギャルカバー | Comments(5)