Avec France Gall  ギャル祭 gall.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

フランス・ギャルと一緒に


by gall gall
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2017年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧



ギャルとミッシェル・ベルジェは1976年に結婚します。
今回はギャルと出会う以前のベルジェの楽曲を紹介します。
ピアニストの母から音楽の手ほどきを受けたベルジェは、レイ・チャールズに触れたことがきっかけで音楽の道を進むことを決意したそうです。

e0122809_16323943.jpg

16才の時にパテ・マルコニ主催のオーディションがきっかけでデビューを果たします。
では、デビュー曲の「Tu n’y crois pas」です。リリースは63年、ベルジェ16歳の時です。
実はギャルとベルジェは同じ47年生まれで、デビューも同じ63年なのです。



やはり声は幼いですね。瞼が半分閉じた眠たそうな楽曲です。
次は64年の「Partout」です。ジュークボックスから流れてそうな軽快なポップスです。
なんだか田原俊彦が歌っていそうな感じで、ベルジェってアイドル路線だったんですね。



さらに、65年の「Jim S’est Pendu」です。ゾンビーズやアニマルズの影響なのか、ブルージィーなオルガンがフューチャーされて大人っぽくなっていますが、正直なところ、声質や歌唱がパッとせず、歌手には向いてないと思います。



そして、ベルジェ自身もコマーシャルな音楽を歌わされることに嫌気がさしたらしく、 67年からはステージを降り作曲活動に専念します。
そして、71年にリリースしたのが、この「Puzzle」です。



お母さんのテコ入れが相当にあったのか、血の滲むような修練があったのか、いずれにしろ、成長というよりはもう別人です。もう歌っていませんし、キース・ジャレットのソロアルバム「Facing You」みたいです、または小沢健二の「毎日の環境学」みたいな変化です(笑)
でも、個人的にはすごくお気に入りです。


そして、ベルジェの音楽はさらに変化を続けますが、それは次回へ繰り越します。

[PR]
by gall_gall | 2017-11-26 16:28 | ギャルの恋人 | Trackback | Comments(0)

Baci, Baci, Baci


"Baci, Baci, Baci" 1969 ☆☆☆☆



この楽曲のライブ動画は初出です。
とはいえ、隅に控えている楽団がじっと見ているだけからわかるように、残念ながら口パクです。
おそらくイタリアの公開TVショーに出演した時のものでしょう。
後ろに居並ぶ鼓笛隊衣装のガールズが踊って花を添えることもなく、直立したままというのがもったいないです。
“Baci”とはイタリア語で”キス”のことで、メールや手紙の結語に”Baci a te"で"君にキスを"って書くあれですね。


[PR]
by gall_gall | 2017-11-23 18:29 | 不遇時代 | Trackback | Comments(0)



Méli Méloというデュオが、ギャルの7曲をメドレーでカバーしています。
演奏も歌も本当に素晴らしい。
キーボードのMarc Lliboutryさんはフランス在住のミュージシャンです。
女性ボーカルのCeline Martinezさんは、ギャルのような天真爛漫な声で伸び伸びと歌っています。歌っている姿がとても健康的で魅力的な方です。
ギャルとベルジェへのトリビュートショーということです、ぜひ第2弾もやって欲しいです。

e0122809_10362875.jpg

[PR]
by gall_gall | 2017-11-19 10:36 | ギャルカバー | Trackback | Comments(0)



ニース在住の24歳のAngélique Millo Vigeantさんのカバーです。
ちょっと癖のある歌い方ですが、声質も歌唱力もいい感じです。
小窓の中から淡々と歌い続けるのも可愛いです。
彼女はびっくりするぐらい数多くのカバー動画をアップしていますが、いわゆるYouTuberです。
そのペースは週に2本とのこと。
ルックスも魅力的ですね。

e0122809_11272188.jpg


[PR]
by gall_gall | 2017-11-16 11:29 | ギャルカバー | Trackback | Comments(0)

ギャル写 67


e0122809_09162783.jpg
「アニーとボンボン」のPVに挿入された写真ですね。
ジャンプ力は全然ないのですが、表情がすごい!
ジャンプしている人のはしゃぎ顔と言うよりは、落ちて来た人の恐怖顔にも見えます。
楳図かずおの「おろち」みたいな。

e0122809_09313148.jpg


[PR]
by gall_gall | 2017-11-11 09:32 | ギャル写 | Trackback | Comments(2)



この楽曲のカバーは初出かもです。
ベルジェがギャルに提供した最初のシングル曲で、ベルジェらしさに溢れる傑作ですよね。
これを選曲するセンスはナイスです。
Kathy Galloisさんは声がすごく可愛いくて耳に残ります。
自然体で軽く歌っているところも好感です。


[PR]
by gall_gall | 2017-11-06 10:51 | ギャルカバー | Trackback | Comments(0)



またも「Evidemment」のカバーです。
文化祭っぽいステージにはバンドの楽器がありますが、歌っているのはカラオケです。
前座か幕間での歌唱でしょうか。
声の出があまり良くないのですが、最後までちゃんと歌い続け、顔立ちの雰囲気も曲調にあっています。最後は登場時よりも大きな拍手が贈られて良かったですね。


[PR]
by gall_gall | 2017-11-05 09:13 | ギャルカバー | Trackback | Comments(0)

ギャル似 40 桜井浩子


e0122809_21175412.jpg

桜井浩子さんは『ウルトラマン』のフジ・アキコ隊員役で知られている女優です。
もともと大きな目のエキゾチックな顔立ちをされていて、子供心にもガイジンみたいだなあと思ってました。そういえば、声もおきゃんな感じで印象的でしたね。
この写真の表情はなんとなくギャルっぽいと思いますが、いかがでしょう。


[PR]
by gall_gall | 2017-11-01 21:32 | ギャル似 | Trackback | Comments(0)