人気ブログランキング |

Avec France Gall  ギャル祭 gall.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

フランス・ギャルと一緒に


by gall gall
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


私のもとへ


"Ich kann dir nicht böse sein" 1970 ☆☆☆



ドイツ・decca時代の作品です。
歌詞の詳細はわかりませんが、楽しい内容の楽曲みたいです。
歌い出しの可愛いウィスパーヴォイスが続くのかと思いきや、一転、ブラスのラテンチックなフレーズが入ってきて、ドイツ語の威勢のよいボーカルへとかわります。なんだか民謡っぽいのかも035.gif
歌い出しのまま続いていた方が、いい曲になったのではと思うんですけど、いかがでしょう?077.gif

by gall_gall | 2008-07-29 10:17 | ドイツ時代 | Comments(0)

"Ella elle l'a live" 1988 ☆☆☆☆



フランスと日本でのギャル評価の決定的なちがいは80年代についてでしょう077.gif
フランスでのギャル人気は80年代が全盛期で、このメガライブホールの盛り上がりを見るとほんとすごいですね~071.gif 40代でこういうソロライブができる日本人女性歌手はいるのかな?ユーミンとか松田聖子....んっ?
この楽曲は名曲ですね~049.gif メロディもエッジの立ったサウンドもカッコイイです。ギャルのステージアクトもアイドル時代とは別人のようにロックしています。時にはこういうギャルもいいですねェ。

by gall_gall | 2008-07-22 10:08 | ベルジェ時代 | Comments(0)

世界の果て


"Le bout de la terre" 1975 ☆☆☆☆



ベルジェとデュエットした可愛い佳作です。
ピアノだけの伴奏で鼻歌のようなワンフレーズを二人が交互に繰り返し、あっという間に終わります。ポール・マッカートニーの「I WILL」のような幸福感と優しさに包まれた作品です045.gif
「世界の果てに辿りつけば、そこにもうとつの世界があるの。もう祈ったりせず、鳥と一緒に歌うわ。だって空に教会はないんだもの」...意味深です077.gif

by gall_gall | 2008-07-12 10:09 | ベルジェ時代 | Comments(0)

二人でお茶を


"Tea for two" 1975 ☆☆☆☆



珍しいTVショウの一幕です。
お相手の男性は、俳優のジャン=クロード・ブリアリです。「いとこ同士」「大人は判ってくれない」などのヌーベバーグ常連さんです。
ハリウッドのロマンチックコメディ映画によくあったスィートな演出です。ベッドにもぐって脚をばたつかせるところでストリングスのピチカートが最高の雰囲気!ギャルがとてもキュート&ゴージャスでいい感じ。016.gif
ギャルの声もこの楽曲には映えていてフルバージョンで聴きたいです。
投稿者の「ブリアリは幸せものだよ、君もそう思うだろう?」というコメントもいいですね049.gif

by gall_gall | 2008-07-05 08:46 | ベルジェ時代 | Comments(1)