人気ブログランキング |

Avec France Gall  ギャル祭 gall.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

フランス・ギャルと一緒に


by gall gall
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:ギャルCMソング( 3 )





水色のワンピース姿の少女たちが、空に昇っていかんばかりのまさに「雲梯」で競争し合っている。
そんなサントリーの烏龍茶の2011年のCMです。
私の嫌いな「夢見るシャンソン人形」が使われています。
烏龍茶+雲梯+少女=シャンソン人形とはなんのこっちゃ?と思いましたが、忽那汐里や少女たちの思いつめたような表情と危険なほど高いところにある雲梯をしっかりと掴んで前に進む姿、この緊迫感を演出した画面にこの楽曲はマッチしているんですよね。
試しに音声を消して、あえて「シャルルマーニュ大王」「すてきな王子様」「アニーとボンボン」を当ててみたところ、笑ってしまいました。

さて、サントリーの「烏龍茶」シリーズといえば、1990年代の中国を舞台に中国人を起用したCMで格別の魅力を放っていましたね。日本の歌を中国語でカバーしたものがCMソングで使われていて、これもまたナイスでしたね。
私は1989年〜90年当時の中国に暮らしていたので、人民服と人民帽と布靴に身を包み、茶杯から龍井茶をすすり生ヒマワリの種をかじり、自転車かトロリーバスで通勤する中国人の姿がいまも鮮明に焼きついています。
なにかトラブルが起きたときに、融通と愛想が皆無の社会主義制度と「そのうちなんとかなるさ」という悠久の時空間感覚とのはざまで、「だから中国!」と呆れたり、「さすが中国!」と感心したりしてましたね。



by gall_gall | 2019-08-24 10:19 | ギャルCMソング | Comments(3)

CMソング2 「ホンダ」




1985年のホンダCR-Xのコマーシャルです。
使われているのはギャルの「涙のシャンソン日記」です。
この車はFFライトウェイトスポーツというジャンルを確立させた車らしいですが、その意味するところは車両重量が軽自動車よりも軽いということなんだそうです(笑)
避暑地のワケありげな男女とモナコの海岸を背景にしたCR-Xの軽快な走りに、ダンダンダンダンというリズムが重なれば嫌が応にも緊迫感とドラマ性を盛り上げてくれます。
歌詞の内容は抜きにして、これは映像と音楽がうまくマッチした例でしょうね。
コメントには「映像はアラン・レネ監督の「去年マリエンバートで」を明らかに意識している」とのことで、なるほどそれらしい感じがしますね。


e0122809_13073256.jpg


by gall_gall | 2017-06-10 13:08 | ギャルCMソング | Comments(2)


新しいカテゴリを作りました。
ギャルの楽曲が使われたCMを紹介していきます。
とはいえ、そのほとんどは「夢見るシャンソン人形」なのですが(笑)

2008年、ソフトバンクのCMです。
監督はウェス・アンダーソン、出演はブラッド・ピットです。
ブラッド・ピットの服装や身振りは、もろジャック・タチのキャラですね。
だったら、キュートなラウンジジャズ風インストやアニメ的音響センスでやればよかったのに。
この絵に描いたような南仏のバカンス風情と「夢見るシャンソン人形」のせわしないリズムやギャルのキンキン声は、まるでそぐわっていませんよ。
「フランス=フランス・ギャル=夢見るシャンソン人形」という貧困な発想でしょうか、さすが電通ですね。



by gall_gall | 2017-05-13 08:36 | ギャルCMソング | Comments(2)