Avec France Gall  ギャル祭 gall.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

フランス・ギャルと一緒に


by gall gall
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ギャル考 1(ギャルの声)


e0122809_20551028.jpg
ギャルの声は変な声すぎてスゴイということを前に書きましたが、これは、ある日とつぜん気づいたのです。それまでは、ふつーに聞いていて(聞けていて)、BGM程度に思っていたのが、十数年後にipodで「クマのぬいぐるみ」を聞いていたら、「・・・なにこれ?」とまさに耳を疑うような発見があったわけで、それ以来、聴いてしまう(聴かずにはいられない)になっていて、でも、なんで今の今までこの変な声を変な声と思わなかったんだろう、そしてなぜ今そのことに自分は気づいたのだろうかと不思議に思ったわけです。

まあ、そんなことはよくあることですよ、と云われればそうかもしれないので、それはそれでいいのですが、さて、世の中に「ギャルの顔が好きだ」「ギャルの歌が好きだ」という人は少なからずいるでしょうが、「ギャルの声は変な声すぎて好きだ」と思っている人はどれぐらいいるのだろうか、ひょっとして自分だけなんてことはないだろうな、と思いながら、ネットで検索してみれば、なんと、「フランス・ギャルの声を聴かなければ死んでしまう人たちのためのコンテンツです」というものを発見しました。ギャルの声の変さがなんたるかを教えてくれています。以下、さわりを紹介します。

「はっきり言って、60年代のフランス・ギャルの声は「変な声」。改めて聴くと、ますます「変な声」。なんか破れかぶれだなぁ……と思いつつ、さらに聞いてみると本当に「変な声」。私たちはこんな声で歌われる歌をほかで聴くことはできないし、誰がマネしようとしても絶対に不可能。けど、歌ではなく、単なる“声”としてならフランス・ギャルの「変な声」と似たようなものを、私たちは知っているはず。それは、胸にこみ上げてくる笑いをこらえながら、あるいは半分笑いながら、それでも苦しそうに、うわずった感じでしゃべり続けようとする子どもたちの声」

そうです!まさにそのとおりです!と本気で拍手をしました。ギャルはその子供たちの声で歌ったのです、音程をはずそうが、声が裏返ろうが、思わず吹き出そうが、なんだか一発録りでそのまんまOKでしょう、ってかんじ。
ギャルの声は変すぎて(個性的どころの話ではない)、特権的ですらあるため、あんな声で歌ってみたい(真似したい)とは決して思えないレベルのものなのです。

[PR]
トラックバックURL : https://gall.exblog.jp/tb/5768182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by gall_gall | 2007-02-09 20:56 | ギャル考 | Trackback | Comments(0)