Avec France Gall  ギャル祭 gall.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

フランス・ギャルと一緒に


by gall gall
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ギャル考 24 「ほくろ」


ギャルの右目の下にあるほくろ。
いわゆる「泣きぼくろ」と言われているものです。
このイラストの右目の人、ギャルっぽいですねー。
泣きぼくろは恋愛の運勢を表すそうで、情熱的で激しい恋をすることもあるけど、最後には安定した家庭を築くことができるほくろなんだそうです。ギャルも然り、そのまま当てはまりますね。

e0122809_15221015.jpeg

この泣きぼくろを、ギャルの特徴(チャームポイント)として認識している人って少なからずいるみたいですが、私はほとんど意識したことはありません。言われたら、あるなぁってぐらいで、まああってもなくてもどっちでもいいでしょうぐらいの捉え方です。

ところで、下の記事を見つけたのが今回のテーマの発端です。
3枚の写真(2歳半の頃、14歳の頃、現在)を並べ、フランス・ギャルはなぜ右目の下にほくろを描いているのかということが記事になっています。
つまり、もともとギャルにほくろはなかったわけです。
じゃあ、なんで、わざわざほくろを?となります。
わざわざと思うのは男性で、女性はやはりと思うのでしょうか。
付けぼくろで有名なのはマリリン・モンローですが、彼女の場合は口元をセクシーに見せたいというのがその理由でした。
ではギャルの場合は? それは記事中の文章の拙訳を読んでもらうとわかります。
  
e0122809_21180575.jpg


”目元パッチリの見せ方”

まずホワイトペンシルで下まぶたの縁にアイラインを引き、目の形を強調します。
次に栗色のペンシルで右の頬骨のあたりにちょこんとほくろを描きます。
このほくろが目元に注意を向けさせるアクセントになるのです。
さあ、これで目元はパッチリと大きく見えます。


ギャルの若い頃の写真で顔の右側をカメラに向けているのが多いのは、つまり、ほくろを見せたい、すると目が大きく見えるからというのが、これでわかりました。
でも、なぜ右向きを見せたいのでしょうか? 一般的に女性は左向きの顔の方が表情が豊かでよりチャーミングに見えるとい言われています。昔の大女優はそれを知っていて、アップの時は「カメラは左位置からね!」と注文をつけていたそうですね。

ところで、ギャルってふつうにしていても充分目元パッチリですね。
だのになんで屋上屋を架すようなことをするのか、この目元パッチリへのこだわりは日本人「ギャル」と同じです。
個人的には涼しげな目元が好きなので、なくてもいいけどねと思っています。

さて、ギャルは1963年のデビューからのアイドル時代はつねにほくろを描いていたようです。
でも、じつは時々ほくろ無しの写真もあったりするんです。
どうして無いのか?描き忘れなのか?消えちゃったのか?後で修正されたのか?
理由はわかりませんが、そういうものをいくつか紹介してみます。
ちなみにここにはありませんが、写真によっては右ではなく左の方にほくろがある場合もありますが、それは反転使用のためです)

e0122809_22330408.jpg
デビュー前


e0122809_22453744.jpg



e0122809_22553620.jpg


e0122809_15082779.jpg


e0122809_14510533.jpg



e0122809_14520571.jpg


e0122809_14522935.jpg


e0122809_15044562.jpg


e0122809_14532887.jpg

とまあ、アイドル時代だけでもこれほどありますが(存外多い)、これが70年代になるとほくろ無しの方がだんだん増えてきて、とうとう80年代はほくろとの決別ということになります。


e0122809_15071301.jpg


e0122809_15073834.jpg


e0122809_15113295.jpg


e0122809_15104848.jpg


e0122809_15123618.jpg


e0122809_15130121.jpg

もはや、目をパッチリ大きく見せるなんてどうでもいいわと言わんばかりの余裕の笑顔ですね。
でも、今回、写真を2000枚ほどチェックしているうちに、私は泣きぼくろのあるギャルもいいなあ、たしかにチャームポイントになっているなあと思うようになりました(笑)



[PR]
トラックバックURL : https://gall.exblog.jp/tb/27561038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by moccinocraft at 2018-09-22 20:23
やっぱり付けぼくろだったのですね!
記憶では、全部付いてるモノばっかりですが、大きさが違うので不自然に思ってました。
Commented by gall_gall at 2018-09-22 20:43
> moccinocraftさん
そうそう、初期の頃はけっこう大きめで、スイカの種みたいです(笑)
Commented by christiansen at 2018-09-22 23:57 x
雑誌の表紙の画像はepのjazz a gogoの時と同じフォトセッションですよね?
epのジャケットではほくろがあるのになぜこっちにはないんでしょう?
Commented by gall_gall at 2018-09-23 10:13
> christiansenさん
おそらくそうでしょうね。ただ同日なのか別日なのかはわかりませんが、この時期のギャルはこの衣装で相当数の写真を撮られているようです。おもに日本版のレコードジャケットに使用されていますが、それらもほくろの存在が微妙なのです(写真の複製や編集で薄れたのかもしれませんが)。次回、そのあたりを続編として考察してみます。
Commented by レオナ at 2018-09-23 19:36 x
本物って思ってた。教えてくれなかったですよね(怒)
Commented by gall_gall at 2018-09-23 21:25
> レオナさん
聞かれなかったからで、他意はないですよ(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by gall_gall | 2018-09-22 15:42 | ギャル考 | Trackback | Comments(6)