Avec France Gall  ギャル祭 gall.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

フランス・ギャルと一緒に


by gall gall

ギャルカバー 183「Jazz a go go」




日本人によるギャルカバーの92%が「夢見るシャンソン人形」となる中で、こういうカバー選曲はほんとうに嬉しく思います。
ボーカル、キーボード、カホン、そこへブルースハープという意外性のある楽器が加わると、立派にジャズのスイング感がクールに出てきますね。
うしろに「ストリートジャズフェスティバル」というのぼり旗がありますが、いいですねー、路上でジャズを演るってのはジャズの原点ですからね。
musaiq(ミューゼイク)のグループ名は、Music とMosaic(多彩な楽器をそろえている)をかけているんだそうです。


[PR]
トラックバックURL : https://gall.exblog.jp/tb/27115233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by gall_gall | 2018-03-03 17:09 | ギャルカバー | Trackback | Comments(0)