Avec France Gall  ギャル祭 gall.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

フランス・ギャルと一緒に


by gall gall

娘たちにかまわないで


"Laisse tomber les filles" 1964 ☆☆☆



このズンドコ節の別PVがあったとは驚きです。
時代はヌーベルヴァーグの全盛期で、その影響でしょうか、ワンシーンワンカットで撮っています。

ギャルは受話器を手にずっと同じことを繰り返し言っています。
「娘たちがつまずいてもかまわないで、いつか放っておかれるのはお前なのだから。娘たちがつまずいてもかまわないで、いつか泣くことになるのはお前なのだから」
怖いですね。かかってきて欲しくない電話です。

それからベッドにやってきて、さらにこう繰り返します。
「それでやっとお前は思い出す。私が今ここでお前に言っていることを」
神か悪魔が宣いそうなことを、ギャルが薄笑いを浮かべて言うことでもないでしょうに。

それにしても「お前」とは一体誰のことなんでしょうか。
いつものようにゲンズブールの思わせぶりですね。



[PR]
トラックバックURL : https://gall.exblog.jp/tb/26248296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by gall_gall | 2017-12-10 23:57 | アイドル時代 | Trackback | Comments(0)