Avec France Gall  ギャル祭 gall.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

フランス・ギャルと一緒に


by gall gall
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

二番目の恋人 ジュリアン・クレール


"France Gall et Julien Clerc"
e0122809_08103714.jpg
ジュリアン・クレールは1947年パリ生まれの良家の子息で、ソルボンヌ大学在学中に歌手活動を開始します。ロックミュージカル「Hair」のフランス版の主役に抜擢され、「黒髪のアポロン」と称される甘い容姿と独特の歌いぶりはたちまちのうちに女性ファンの心をとりこにしてしまいます。71年にギャルと出会ってつきあいはじめます016.gif
e0122809_08411149.jpg
ギャルの評伝によると、ギャルは同じ年齢だけど遅れて歌手デビューしたジュリアンに芸能界のイロハを教えながら、ジュリアンを成功させようと世話女房みたいに尽くします。その反面、ジュリアンがヒットを飛ばして大スターになると、ギャルはその成功に嫉妬を焼いたりします。
ジュリアンは家庭を持ちたがっているギャルにプロポーズをすることはなく、それどころか、友人たちをたくさん招いてのパーティーの時に,料理を運んできたギャルにジュリアンの心ないひと言が飛んできます、Ah, voilà l'ancienne chanteuse! 「やあ,待ってました,元歌手さん!」007.gif

ジュリアンは74年にギャルと別れた後、女優のミュウ=ミュウとつきあって同居、85年には騎手ヴィルジニ・クプリと結婚、現在は映画監督のエレーヌ・グレミヨンと住んでいます。ギャル以外の女性とは全員子供をもうけています。マスコミに派手に登場はしなくても根強いファンを持っているジュリアンは若い時分より中年になってからの方が好感です。

私のお気に入りを2曲アップしておきます。1曲目「もし僕たちが歌うなら」はギャルとつきあっていた頃のもの、2曲目「女性たちよ、愛しています」は90年代のジュリアンです。




[PR]
トラックバックURL : https://gall.exblog.jp/tb/23391203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by レオナッチ at 2015-07-12 14:46 x
2曲目良すぎです。観客の女の人たちの表情も納得!
聞かされすぎてギャルはあんまり好きになれないので、こういうのがいいです。ギャルの性格(トンチンカン)はうけましたよ!(#^.^#)
Commented by gall_gall at 2015-07-13 22:19
レオナッチさん、嫌いにならない程度に聞き流してくださいね〜(笑)
てか、まだそんなにしてません、序の口ですよ(呆)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by gall_gall | 2015-07-08 09:11 | ギャルの恋人 | Trackback | Comments(2)