甲子園での熱戦もたけなわですが、常総学院ではギャルのこの楽曲が球児への応援歌になっています。
歌名が「レーヴ」となっているのは「夢見る」というところからつけられたようですが、原題は「蝋人形、ヌカ人形」だし、歌われている内容も「私は見せかけだけの蝋人形、中身が空っぽな音の出るヌカ人形」なので、応援されている球児もやりづらいのではないかと。

さて、茨城県の常総学院高校は野球の強豪校として知られ、春夏を通じて優勝2回、準優勝2回の成績を残しているそうです。
また、吹奏楽部も有名で毎年全日本吹奏楽コンクールに出場し、金賞を14回受賞しているそうです。



[PR]
e0122809_20485009.jpeg

ギャルの最初の恋人クロード・フランソワは67年にギャルと破局(原因はクロードのDV)。
そして、そのすぐ後にファッションモデルのイザベル・フォレと出会い、結婚します。
そのイザベルは、上の写真を見てもわかるように、まさにギャル似、ブロンドの長髪で童顔のロリータ、そのまんまです。
その男心、わかります。たいていの男はそうです。引きずるんです。
イザベルも元カノのギャルのことは知っていたはずだから、引っかかるものがあっただろうし、周囲も肩をすくめたはず(笑)


[PR]
e0122809_20485009.jpeg
ギャルの最初の恋人クロード・フランソワは今でいうDVオトコでした。
年長で芸歴も長いクロードはデビューしたばかりのギャルを、意のままに操り支配下におきました。
そして、ギャルが売れて人気アイドルになると、同業者の嫉妬がメラメラ、難癖をつけてギャルを傷つけるようになりました。
67年、ギャルは逃げるようにクロードの元を去り、二人は破局しました。おたがいに傷心だったものと思います。

その後、ギャルはクロードとは真逆タイプのジュリアン・クレールとつきあい始めますが、今度はギャルがクロードのような立場になって後輩のジュリアンに芸能界のイロハを教え、ジュリアンがヒットを飛ばしてスターになると、ギャルはその成功に嫉妬するからクロードのことを悪くは言えません。

で、クロードの方は、破局から間をおかずに、ファッションモデルのイザベル・フォレと出会い、すぐに結婚します。
そのイザベルですが、上の写真を見てもわかるように、まさにギャル似、ブロンドの長髪で童顔のロリータ、そのまんまです。

e0122809_20490709.jpg

その男心、わかります。たいていの男はそうです。引きずるんです。
イザベルも元カノのギャルのことは知っていたはずだから、引っかかるものがあっただろうし、周囲も肩をすくめたはず。
ただ、そこは女の強いところ、イザベルは二人の男の子を年子で産み、クロードを良きパパに仕立て上げていきます。


e0122809_20491757.jpg

最後にクロードとイザベル、そして、幼い二人の息子たちの貴重な動画をアップしておきます。
まるで双子のような息子たち、イザベルから受け継いだキレイなブロンドが天使を思わせます。





[PR]


なんと、あのバルバラが、フランス最高のシンガーソングライターのバルバラが、ギャルの楽曲をカバーしていたとは!
よく聞けば、伴奏はあきらかにギャルと同じものを使っています.....カラオケか?
作者のゲンズブールと交友があったので、お遊びで歌ってみたのでしょうか。
トットコ、トットコとせわしないこの楽曲、誰が歌っても同じになるのではと思っていましたが、そこはやはりバルバラ、独特の癖のあるフレージングで歌いこなしていますが、でもやっぱり伴奏の雰囲気と合わなすぎ!
どうせなら、バルバラらしいピアノ・アコーディオン・ウッドベースだけでアレンジしたやつを聴きたかったな。





[PR]
e0122809_09390442.jpg

e0122809_09414136.jpeg

鹿目凛(かなめりん)さんは、女性アイドルグループ・ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)のメンバーです。
肉厚な唇は似ていませんが、全体のつくりと雰囲気はかなり似ていると思います。65年あたりのギャルを思い出しましょう。
e0122809_00101442.jpg

内輪話で恐縮ですが、鹿目凛はギャルに似ていた某キムラさんに似ているので、ギャルにも似ているという論法です。
彼女は「ぺろりん先生」名義で4コマ漫画やイラストを発表していて、それが注目されてブレイクしたそうーですが、ギャル似ということでも注目されたいものです。
この動画を見れば、さらに似ていると思うはず。妙にドンくさそうな喋りが耳に残ります。






[PR]


ザ・喫茶店という人を食ったようなバンド名です。
ウェブサイトを覗いてみれば、「昭和40年代、大阪のとある商店街にあるザ・喫茶店。そこで働く雇われママのファイヴ、オーナーの娘の大菜のこ、アルバイトの長麗田きみえ。この3人をとりまく物語とともに楽しい音楽をお届けします。ただいまスタッフ募集中!」という、バンドの紹介もまた人を食っています。
e0122809_23425813.jpg
で、カバーの出来映えですが、なかなかナイスです。
リードボーカルのオリジナルに負けず劣らずのおきゃんぶりが見事です。コーラスもいかにもという感じを心得ていますね。
ゆる〜く楽しんでいる感じが面白いので、オリジナルも紹介しておきますね。




[PR]


歌い出しの雰囲気がゾクゾクしますね。
楽曲そのものが良いと、カバーされてもやはり良いですね。
歌っているKaoutar Ghaliさんの詳細は分かりません。
フランス在住の歌手のようですが、フランス語の歌詞が途中からアフリカの言語っぽい感じに変わりますね。

e0122809_10312758.jpg


[PR]
e0122809_22115269.jpg

水沢アキは日本の女優、タレント、モデル、歌手です。
キュートな童顔で、こういう髪型(ウィッグ)だと、来日した時の振袖ギャルっぽく見えますね。
身長もギャルと同じぐらいなのですが、そのプロポーションがなにかと話題になっていた人です。


[PR]


私が大好きな一曲です。楽曲として傑作ですね!(なのに未CDなのは残念!)
一見する口パクのスタジオライブかと思いきや、伴奏がレコード音源と違うこと、破裂音が生々しいこと、ブレスがレコード音源と異なること(1:21あたり)、エンディングに「ダバダバダ〜」のアドリブスキャットがある、以上のことからこれは生歌ですね。
マイクは遠いのですがギャルの声はよく通るし大きので拾えるのでしょう。

ラテン(スパニッシュ)調のアレンジはギャルには珍しく、よく聴けばただものではない楽曲です。A/A’/B/A/B/Aの2パート構成で、Aパートはキャッチーなメロディでぐいぐいひきこんで、Bパート(女性コーラスのラ~ララ~♪から)のコード進行がすごくきれいで、「rêve, rêve, rêve (夢、夢、夢)」でギャルのウィスパーがかすれ気味になるところもいいですね〜。
ギャルのラテンっぽくない色白さや穏やかな表情のミスマッチにギャップ萌えです。

[PR]


嬉しいですね!この楽曲のカラオケがあるなんて!
カラオケだけ聴いていても、楽しめます。
クールなサウンドと「Comment lui dire」というコーラスの可愛らしさ。
まさにツンデレな楽曲ですねー。


e0122809_22072796.jpg


[PR]
e0122809_20444970.jpg

本名Chantal Rousselotことクレオは、66年にデビューしたイェイェ娘の一人です。
46年生まれなので、ギャルより一歳年上ですね。



手入れの行き届いたマッシュルームカットに目が行きます。ややエキセントリックな感じですね。
楽曲はイェイェという感じではなく、なかなか良いです。



なんというか、声質や曲調がアニー・フィリップにそっくり。
髪が伸びると、映画「(500)日のサマー」のズーイー・デシャネルみたいですね。



上歯も下歯もすきっ歯ですねー、アメリカと違いヨーロッパは歯並びに寛容なんですかね。
クレオは4年間のキャリアで6枚のシングルと、Richard Fontaineと組んだデュオCédric et Cléoで2枚のシングルをリリースしています(これはフランス版ソニー&シェールらしいです)。

ギャルと比べると、楽曲のキャッチーさが不足しているようで、どれほどのセールスと人気があったのでしょうかね。でもクセになりそうなところもありますね。
e0122809_21495666.jpg


[PR]


ELENA CHANTE FRANCE GALLさんは、ギャルの物真似さんです。
これぐらい離れたところから見ると、かなりそっくりに見えます。
声質はちょっと違いますが、歌はうまいです。
ステージパフォーマンスもなかなか良いですね。


e0122809_22454880.jpg


[PR]
e0122809_20535169.jpeg
ギャル似30で紹介したスペインのアイドル歌手Lia Paminaの最新写真です。
60年代のレトロ感バッチリですね〜。
このカマトトぶりなロリータ感はまさにギャルそっくりです。
日本でもっと人気が出て欲しいですね 169.png


[PR]


デビュー当時のブリジッド・バルドーのような美少女が、フランスパンをマイク代わりに、ギャルのおきゃんな歌い方を真似ています(笑)
彼らは、The Jooles(ジュールズ)というベルリン出身の男女4人組のバンドです。
下にアップしているオリジナル曲を聴いてみるとわかるように、The Cardigansに代表されるスウェディッシュポップ、つまりお洒落ネオアコ系なんですね。
ボーカルのルックスの良さや楽曲のキャッチーさも良いですが、ベーシストの雰囲気にすごく萌えます。
2010年から活動しているということで、日本でもっと話題になっても良いバンドだと思います。


e0122809_18333875.jpg



[PR]


「夢見るシャンソン人形」のパンク版カバーです。
出だしがDexys Midnight Runnersの「Burn It Down」へのオマージュ、イントロがSex Pistolsの「Holidays In The Sun」へのオマージュでニヤリ。
ジョニー・ロットンのような声質で歌い始めるのですが、原曲のメロディはほぼ平坦化されていて、これが「シャンソン人形」だと気づくのは、聴き慣れた歌詞と間奏のギターソロのところでしょうか。新味があっていいですね。
Oberkampf(オベルカンフ)はフランスのパンクバンドで、これは1981年にリリースされたものです。

e0122809_22421372.jpg


[PR]


1985年のホンダCR-Xのコマーシャルです。
使われているのはギャルの「涙のシャンソン日記」です。
この車はFFライトウェイトスポーツというジャンルを確立させた車らしいですが、その意味するところは車両重量が軽自動車よりも軽いということなんだそうです(笑)
避暑地のワケありげな男女とモナコの海岸を背景にしたCR-Xの軽快な走りに、ダンダンダンダンというリズムが重なれば嫌が応にも緊迫感とドラマ性を盛り上げてくれます。
歌詞の内容は抜きにして、これは映像と音楽がうまくマッチした例でしょうね。
コメントには「映像はアラン・レネ監督の「去年マリエンバートで」を明らかに意識している」とのことで、なるほどそれらしい感じがしますね。


e0122809_13073256.jpg


[PR]


「誘惑のダンス」のカバーは初出です。
70年代のギャルのヒット曲であり、ギャルらしい軽みのある名曲なのですが、
あまりカバーされないのは残念です。
男女によるデュエットで、合いの手を巧みに入れながら、かけあっているところが新味ですね。




[PR]


Alice Bondetさんによる自撮りカバーです。
オンにした直後に忙しない感じでギターを掻き鳴らす姿にグッときます。
この楽曲をギター一本でカバーするのは珍しいです。
ちょっとしたミスもなんのその、一人ノリノリで思い切り歌っている姿が微笑ましいですね。



[PR]


「愛の告白」は名曲ですが、カバーは「Si Maman Si」ほど多くありません。
フランス在住のミュージシャン、Audrey Chanteuse & Jean-Pierre Cardosoによるカバーです。
シンプルに軽いジャズ風にアレンジした演奏と、優しげな美声による歌唱にグッときます。
オリジナル楽曲もぜひ聴いてみたいものです。

e0122809_15465432.jpg


[PR]

「おしゃまな初恋」のカラオケを見つけました。
原題は「べべ・ルカン(サメの赤ちゃん)」です(笑)。
カラオケだけでも、この楽曲のユーモラスなユニークさが伝わりますね。
ギャルの声でないとあの雰囲気はなかなか出せないけど、歌ってみましょう。


e0122809_18581705.jpg


[PR]

シンガーソングライターの松本英子さんによるカバーです。
松本さんは2003年にスズキ「MR wagon」のCMソングでこの楽曲を歌っていますが、このアレンジとは全然別物です(後日ギャルCMソングのカテゴリで紹介しますね〜)。
ピアノをメインにしたこのアレンジはシンプルで力強いです。
松本さんのフランス語はきれいで、瑞々しい歌唱ですね。
なんといっても、ピアニカ(鍵盤ハーモニカ)を吹く姿がさまになっているのがグッときますね。

e0122809_18254304.jpg


[PR]
e0122809_22344476.jpeg

佐久間良子は前々から狙っていました。
二人は中年辺りからどことなく似ていると思っていたからです。
ところが、若い時も似ていることがこの映画ポスターでわかりました。
多分に髪型に負っているところが大きいのでしょうが(笑)

[PR]

新しいカテゴリを作りました。
ギャルの楽曲が使われたCMを紹介していきます。
とはいえ、そのほとんどは「夢見るシャンソン人形」なのですが(笑)

2008年、ソフトバンクのCMです。
監督はウェス・アンダーソン、出演はブラッド・ピットです。
ブラッド・ピットの服装や身振りは、もろジャック・タチのキャラですね。
だったら、キュートなラウンジジャズ風インストやアニメ的音響センスでやればよかったのに。
この絵に描いたような南仏のバカンス風情と「夢見るシャンソン人形」のせわしないリズムやギャルのキンキン声は、まるでそぐわっていませんよ。
「フランス=フランス・ギャル=夢見るシャンソン人形」という貧困な発想でしょうか、さすが電通ですね。



[PR]

グルーヴィーでカッコいいですね〜。
コーラスが入ってくると、イタリアンB級シネマ的テイストになってグッときます。
The Lovejoysは、スイスで活動中の現代版インクレディブル・ボンゴバンドです。
影響を受けた音楽はEnnio Morricone, James Brown, The Beatles, Sly Stone, Fela Kuti等だそうで、なるほどなるほどです。

e0122809_22114858.jpg



[PR]


ジュリー・バタイユはパリ出身のモデル兼歌手です。
カネボウのCM”ピンキッシュくん 春はくちびるあたり”に起用されたフレンチアイドルです。
「はじめてのヴァカンス」のカバーは初出ですね。
サックスとオルガンをフューチャーした生演奏が、ダンスパーティにぴったりですね。
ジュリーは写真よりも動画で見た方が断然よいです。
これもジュリーのラテンチックな雰囲気にグッときますね。

e0122809_10032333.jpg


[PR]
e0122809_18321539.jpg

ではシルヴィ・ヴァルタンの続編です。
68年の自動車事故の直前に戻りますが、シルヴィは「Comme un garçon(男の子のように)」をリリースします。これは私の一番お気に入りの楽曲でして、シルヴィの魅力が満載です。



70年に「悲しみの兵士(邦題)」を大ヒット曲させます。このキャッチーなメロディや男性ナレーションはいかにもゲンズブールっぽいですが、「あなたのとりこ」と同じジャン・ルナールが作曲、ナレーションはシルヴィの夫ジョニー・アリディです。



この当時のシルヴィはアバンギャルドな黒人ダンサー、ジョジョ・スミスによる振付・演出で、70年のオランピア劇場公演を大成功させ、これがロックからジャズ、R&B、ラテン、バラードまで幅広くダイナミックなライブ・ステージが本領と言われるシルヴィのターニングポイントになります。
では、この伝説の公演から「アブラカタブラ」です。
シルヴィの歌の迫力とカッコよさにしびれますね。



72年にはモーツァルト交響曲第40番ト短調をポップ調にアレンジした「Sympathie」(日本盤「哀しみのシンフォニー」)を発表します。


ギャルがこの時期にセールス不振で低迷してもがいていたのに比べ、シルヴィはアイドルから実力派シンガーへの転換に成功し、トップアーティストとして絶好調でした。
フランスではコンスタントに「想い出のマリッツァ」「愛のかたち」「そよ風のブロンド」「ディスコ・クィーン」「初恋のニコラ」などのヒット曲を出し続けます。
e0122809_23080660.jpeg
でも個人的にはそれらの楽曲にはあまりグッときません。やや退屈なのです。
フランスでのセールスポイントが何なのかよくわかりません、歌詞が素晴らしいのかもしれませんが。
その後の80年代もそして現在に至るまで、シルヴィは本国でつねに現役大物歌手として活躍し続けます。
つまりその長いキャリアの中でひどいスランプや低迷期はほとんどなかったことになるので、これはほんとうにすごいことです。

最後になりましたが、シルヴィは大の親日家です。65年に来日して以来、公演やイヴェントのため20回も来日しています。日本語を覚えようと勉強していた時期もあったそうです。
では、その初来日の時に出演した「レナウン」のテレビCMです。
ブラウン管からブロンド美女が日本語の歌を.....、当時そのインパクトは想像を絶するに余りあります。







[PR]


別府葉子シャンソントリオによるカバーです。
別府葉子(Vo)、鶴岡雅子(Pf)、中村尚美(B)、ゲスト 会田桃子(Vn)
別府さんは関西を中心にシャンソン歌手・訳詞家として活躍されています。
フランス語の楽曲を歌いこなせる実力派シンガーですね。
とりわけジャック・ブレルで有名な「アムステルダム」のカバーが素晴らしいです!
見事な歌唱とギター演奏によるアレンジが秀逸です 165.png





[PR]


「サンバ・マンボ」のカバー曲をバックにエクソサイズに励む動画です。
BIBIDOAN-New Yorkさんはニューヨーク市で衣料品のブランドを営んでいるようです。
楽曲をカバーしているのが本人かどうかは定かではありませんが、日当たりの良い庭先での余暇の過ごし方がなんともチャーミングです。
ファッションや雰囲気をレトロにしているのがコミカルさを演出しています。

e0122809_15203603.jpg


[PR]


男性の弾き語りによるカバーは珍しいです。
しみじみとした歌い方をされてあり、この歌の持つ哀愁が感じられます。
表記されてあるダニエル・ビダルは間違いですね。彼女は「私はシャンソン」という楽曲は歌っていますが、ぜんぜん違う楽曲です(笑)
Jar Hotmilkさんは古今東西のカバー楽曲をアップされていて、このヘルメットがトレードマークのようですが、これ原子力発電所仕様ですよね?


[PR]
e0122809_12163368.jpg

グラドルの坂牧奈々です。
今回その存在を知りましたが、2014年にすでに引退しているとのこと。
鼻が大きく違いますが(ギャルの鼻はゴツい)、目や唇や顔の輪郭はかなり似ています。
このタイプのギャル似は巷にけっこういるんですよ。


e0122809_12231763.jpg

[PR]